ブンゴウサーチ
児童書版

狸問答

鈴木鼓村
『狸問答』は青空文庫で公開されている鈴木鼓村の短編作品。1,368文字で、おおよそ5分以内で読むことができます。
文字数
5分以内   1,368 文字
人気
  -- PV
書き出し
私は、よく怪物に勝つことがあるよ、しかし或(あるい)は負けていたのかもしれないがね――数年前、さる家を訪ねて、昼飯の馳走に与って、やがてその家を辞して、ぶらぶら向島の寺島村の堤にかかったのが、四時頃のことだ、秋の頃で戸外は未だ中々明るい、私が昼の膳に出してくれた、塩鰹が非常に好味といったので、その主人が、それなら、まだ残っているこの片身を持って行きたまえというので、それを新聞紙に包んでもらって、片手に提げながらやってくると、堤の上を二三町歩むか歩まぬ内突然、四辺が真暗に暮れてし...
初出
表記
新字新仮名
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。