ブンゴウサーチ
児童書版

それから

夏目漱石
『それから』は青空文庫で公開されている夏目漱石の長編作品。193,157文字で、おおよそ1時間〜で読むことができます。
文字数
1時間〜   193,157 文字
人気
  108,736 PV
書き出し
誰か慌ただしく門前を馳(か)けて行く足音がした時、代助の頭の中には、大きな俎下駄が空から、ぶら下っていた。
初出
1909年   (「東京朝日新聞」、「大阪朝日新聞」1909(明治42)年6月27日〜10月4日)
表記
新字新仮名
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。