ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 夏目漱石 長編(1時間〜)

1時間〜で読める夏目漱石の長編作品

青空文庫で公開されている夏目漱石の作品の中で、おおよその読了目安時間が「1時間〜」の長編26作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(24,001文字〜の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜26件 / 全26件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
上先生と私私はその人を常に先生と呼んでいた。
親譲りの無鉄砲で小供の時から損ばかりしている。
山路を登りながら、こう考えた。
うとうととして目がさめると女はいつのまにか、隣のじいさんと話を始めている。
――大正三年十一月二十五日学習院輔仁会において述――私は今日初めてこの学習院というものの中に這入りました。
一の誰か慌たゞしく門前を馳(か)けて行く足音がした時、代助の頭の中には、大きな俎下駄が空から、ぶら下つてゐた。
誰か慌ただしく門前を馳(か)けて行く足音がした時、代助の頭の中には、大きな俎下駄が空から、ぶら下っていた。
宗助は先刻から縁側へ坐蒲団を持ち出して、日当りの好さそうな所へ気楽に胡坐(あぐら)をかいて見たが、やがて手に持っている雑誌を放り出すと共に、ごろりと横になった。
医者は探りを入れた後で、手術台の上から津田を下した。
元日雑煮を食って、書斎に引き取ると、しばらくして三四人来た。
友達梅田の停車場を下りるや否や自分は母からいいつけられた通り、すぐ俥(くるま)を雇って岡田の家に馳(か)けさせた。
健三が遠い所から帰って来て駒込の奥に世帯を持ったのは東京を出てから何年目になるだろう。
硝子戸の中から外を見渡すと、霜除をした芭蕉(ばしょう)だの、赤い実の結った梅もどきの枝だの、無遠慮に直立した電信柱だのがすぐ眼に着くが、その他にこれと云って数え立てるほどのものはほとんど視線に入って来ない。
彼岸過迄に就て事実を読者の前に告白すると、去年の八月頃すでに自分の小説を紙上に連載すべきはずだったのである。
ようやくの事でまた病院まで帰って来た。
さっきから松原を通ってるんだが、松原と云うものは絵で見たよりもよっぽど長いもんだ。
ぶらりと両手を垂げたまま、圭(けい)さんがどこからか帰って来る。
白井道也は文学者である。
南満鉄道会社っていったい何をするんだいと真面目に聞いたら、満鉄の総裁も少し呆(あき)れた顔をして、御前もよっぽど馬鹿だなあと云った。
陽気のせいで神も気違になる。
東京美術学校文学会の開会式に一場の講演を依頼された余は、朝日新聞社員として、同紙に自説を発表すべしと云う条件で引き受けた上、面倒ながらその速記を会長に依頼した。
宗助は先刻から縁側へ坐蒲團(ざぶとん)を持ち出して日當りの好ささうな所へ氣樂(きらく)に胡坐(あぐら)をかいて見たが、やがて手に持つてゐる雜誌を放り出すと共に、ごろりと横になつた。
一心不乱と云う事を、目に見えぬ怪力をかり、縹緲(ひょうびょう)たる背景の前に写し出そうと考えて、この趣向を得た。
演題は「創作家の態度」と云うのであります。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。