ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 横光利一 短編(10分以内)

10分以内で読める横光利一の短編作品

青空文庫で公開されている横光利一の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編9作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(2,001〜4,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜9件 / 全9件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
吉をどのような人間に仕立てるかということについて、吉の家では晩餐後毎夜のように論議せられた。
その街角には靴屋があった。
雨がやむと風もやむだ。
夢私の父は死んだ。
犯罪横光利私は寂しくなつて茫然と空でも見詰めてゐる時には、よく無意識に彼女の啼声を口笛で真似てゐた。
神馬横光利豆台の上へ延ばしてゐた彼の鼻頭へ、廂から流れた陽の光りが落ちてゐた。
雨が降りさうである。
思ひ出といふものは、誰しも一番夏の思ひ出が多いであらうと思ふ。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。