ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 葛西善蔵 全作品

葛西善蔵の全作品

青空文庫で公開されている葛西善蔵の全作品21篇を、おすすめ人気順で表示しています。

1〜21件 / 全21件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
たうとうこゝまで逃げて來たと云ふ譯だが――それは實際悲鳴を揚げながら――の氣持だつた。
『では誰か、雪をんなをほんとに見た者はあるか?』いゝや、誰もない。
掃除をしたり、お菜を煮たり、糠味噌を出したりして、子供等に晩飯を済まさせ、彼はようやく西日の引いた縁側近くへお膳を据えて、淋しい気持で晩酌の盃を嘗(な)めていた。
車掌に注意されて、彼は福島で下車した。
神田のある会社へと、それから日比谷の方の新聞社へ知人を訪ねて、明日の晩の笹川の長編小説出版記念会の会費を借りることを頼んだが、いずれも成功しなかった。
父は一昨年の夏、六十五で、持病の脚氣で、死んだ。
「近所では、お腹の始末でもしに行つたんだ位に思つてゐるんでせう。
私は奈良にT新夫婦を訪ねて、一週間ほど彼らと遊び暮した。
――その時からまた、又の七年目が※り來ようとしてゐる。
おせいが、山へ來たのは、十月二十一日だつた。
薪の紅く燃えてゐる大きな爐の主座に胡坐を掻いて、彼は手酌でちび/\盃を甞めてゐた。
いよいよ明日は父の遺骨を携えて帰郷という段になって、私たちは服装のことでちょっと当惑を感じた。
彼はまたいつとなくだん/\と場末へ追ひ込まれてゐた。
彼はまたいつとなくだん/\と場末へ追ひ込まれてゐた。
六月半ば、梅雨晴れの午前の光りを浴びてゐる椎の若葉の趣を、ありがたくしみじみと眺めやつた。
この月の二十日前後と産婆に言われている大きな腹して、背丈がずんぐりなので醤油樽か何かでも詰めこんでいるかのような恰好して、おせいは、下宿の子持の女中につれられて、三丁目附近へ産衣の小ぎれを買いに出て行った。
六月半ば、梅雨晴れの午前の光りを浴びてゐる椎の若葉の趣を、ありがたくしみ/″\と眺めやつた。
ほんのちょっとしたことからだったが、Fを郷里の妻の許に帰してやる気になった。
掃除をしたり、お菜を煮たり、糠味噌を出したりして、子供等に晩飯を濟まさせ、彼はやうやく西日の引いた縁側近くへお膳を据ゑて、淋しい氣持で晩酌の盃を甞めてゐた。
「また今度も都合で少し遅くなるかも知れないよ。
一月末から一ヶ月半ほど、私は東京に出てゐた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。