ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 堀辰雄 中編(60分以内)

60分以内で読める堀辰雄の中編作品

青空文庫で公開されている堀辰雄の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編19作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(12,001〜24,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜19件 / 全19件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
死があたかも一つの季節を開いたかのようだった。
私は十五だった。
けさ急に思い立って、軽井沢の山小屋を閉めて、野尻湖に来た。
私は十五だつた。
路易はすぐ顏をぱあつと赤くした。
それは漆黒の自動車であった。
萩原朔太郎は明治十九年十一月一日*、上州赤城山の麓、利根川のほとりの小さき都會である前橋市に生れた。
私は諸君に、このなんとも説明のしやうのない淺草公園の魅力を、出來るだけ完全に理解させるためには、私の知つてゐるかぎりの淺草についての千個の事實を以てするより、私の空想の中に生れた一個の異常な物語を以てした方が、一そう便利であると信ずる。
おえふがまだ二十かそこいらで、もう夫と離別し、幼兒をひとりかかへて、生みの親たちと一しよに住むことになつた分去れの村は、その頃、みるかげもない寒村になつてゐた。
[#ページの左右中央]竹中郁に[#改ページ]……なんだかごたごたした苦しい夢を見たあとで、やつと目がさめた。
……なんだかごたごたした苦しい夢を見たあとで、やっと目がさめた。
一九三二年七月七日今朝、僕はこんな夢を見た。
あたりはしいんとしていて、ときおり谷のもっと奥から山椒喰のかすかな啼(な)き声が絶え絶えに聞えて来るばかりだった。
カフエ・シヤノアルは客で一ぱいだ。
第一部彼はすやすやと眠つてゐるやうに見えた。
墓畔の家これは私が小学三四年のころの話である。
第一部彼はすやすやと眠っているように見えた。
死があたかも一つの季節を開いたかのやうだつた。
私はその日はじめて妻をつれて亡き母の墓まいりに往った。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。