ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 佐左木俊郎 短編(30分以内)

30分以内で読める佐左木俊郎の短編作品

青空文庫で公開されている佐左木俊郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編23作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜23件 / 全23件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
洋装の女どこで何をしていたのか、新聞記者の村井は、星田代二が検事の第一回訊問を受けた日、彼が警視庁へかえされたのと入れちがいに、検事局の構内に姿を現わした。
寡黙と消極的な態度とは私達一族の者の共通性格と言ってもいいのだ。
口上雪深い東北の山襞(ひだ)の中の村落にも、正月は福寿草のように、何かしら明るい影を持って終始する。
伸子は何か物の堕ちる音で眼をさました。
街裏の露地で社は五時に退けることになっていた。
改札孫の柴田貞吉は一昼夜の勤務から解かれて交代の者に鋏(はさみ)を渡した。
序言植物のもつ美のうちで、最も鋭く私達の感覚に触れるものは、その植物の形態や色彩による視覚的美であろう。
薊(あざみ)の花や白い山百合の花の咲いている叢(くさむら)の中の、心持ちくだりになっている細道を、煙草を吸いながら下りて行くと、水面が鏡の面のように静かな古池があって、岸からは雑草が掩(おお)いかかり、中には睡蓮の花が夢の様に咲いている。
弾力に富んだ春の活動は、いたるところに始まっていた。
惑いし途私が作家として立とうと決心したのは、廿一の秋で、今から五年前の事である。
平三爺は、病気で腰が痛むと言って、顔を顰(しか)めたり、自分で調合した薬を嚥(の)んだりしていたのであったが、それでも、山の畠に、陸稲の落ち穂を拾いに行くのだと言って、嫁のおもんが制めたにもかかわらず、土間の片隅からふごを取って、曲がりかけた腰をたたいたりしながら、戸外へ出て行った。
銀座裏のカッフェ・クジャクの内部はまだ客脚が少なく、閑散を極めていた。
その線は、山脈に突き当たって、そこで終わっていた。
禿頭の消防小頭或る秋の日曜日だった。
私は常に東北地方を愛している者であります。
朝日は既に東の山を離れ、胡粉の色に木立を掃いた靄(もや)も、次第に淡く、小川の上を掠(かす)めたものなどは、もう疾くに消えかけていた。
暗欝な空が低く垂れていて家の中はどことなく薄暗かった。
私が十一の頃、私の家の近所の寺に、焼和尚という渾名のお坊さんが住んでいた。
房枝の興奮は彼女の顔を蒼白にしていた。
お婆さんはもう我慢がしきれなくなって来た。
伝平は子供の頃から馬が好きだった。
序景窓は広い麦畠の、濃緑の波に向けて開け放されていた。
灌木と雑草に荒れた叢(くさむら)は、雑木林から雑木林へと、長い長い丘腹を、波をうって走っていた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。