ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 原民喜 中編(60分以内)

60分以内で読める原民喜の中編作品

青空文庫で公開されている原民喜の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編11作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(12,001〜24,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜11件 / 全11件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
わが愛する者よ請ふ急ぎはしれ香はしき山々の上にありて※のごとく小鹿のごとくあれ私は街に出て花を買ふと、妻の墓を訪れようと思つた。
わが愛する者よ請う急ぎはしれ香わしき山々の上にありて※(のろ)のごとく小鹿のごとくあれ私は街に出て花を買うと、妻の墓を訪れようと思った。
梢をふり仰ぐと、嫩葉のふくらみに優しいものがチラつくやうだつた。
夕暮青田の上の広い空が次第に光を喪つてゐた。
梢(こずえ)をふり仰ぐと、嫩葉のふくらみに優しいものがチラつくようだった。
自分の部屋でもないその部屋を自分の部屋のやうに、古びた襖や朽ちかかつた柱や雨漏のあとをとどめた壁を、自分の心の内部か何かのやうに安らかな気持で僕は眺めてゐる。
ここでは夜明けが僕の瞼の上に直接落ちてくる。
三畳足らずの板敷の部屋で、どうかすると息も窒がりさうになるのであつた。
八幡村へ移つた当初、私はまだ元気で、負傷者を車に乗せて病院へ連れて行つたり、配給ものを受取りに出歩いたり、廿日市町の長兄と連絡をとつたりしてゐた。
八幡村へ移った当初、私はまだ元気で、負傷者を車に乗せて病院へ連れて行ったり、配給ものを受取りに出歩いたり、廿日市町の長兄と連絡をとったりしていた。
●昭和十一年四月三十日千葉市登戸より村岡敏(末弟・当時明治大学ホッケー部に在籍し、ベルリンオリンピックに代表として派遣された)宛今朝早くから女房が起すのであるそれから一日中オリンピツクのことを云つて女房は浮かれたうたう我慢が出来ないと云ふので速達を出すといふのである大変芽出度いこととワシも思ふのであるこの上は身躰に注意し晴れの榮冠を擔つてかへつて來い原家一同それを望んでやまないのである杞四月丗日村岡敏君万才●昭和十...
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。