ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 太宰治 全作品

太宰治の全作品(6ページ目)

青空文庫で公開されている太宰治の全作品273篇を、おすすめ人気順で表示しています。

251〜273件 / 全273件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
時代は少しも変らないと思う。
東京の三鷹の住居を爆弾でこわされたので、妻の里の甲府へ、一家は移住した。
君が大学を出てそれから故郷の仙台の部隊に入営したのは、あれは太平洋戦争のはじまった翌年、昭和十七年の春ではなかったかしら。
――こんな小説も、私は読みたい。
昨年の夏、私は十年振りで故郷を見た。
安心し給え、君の事を書くのではない。
蝶蝶老人ではなかつた。
ほんの一時ひそかに凝った事がある。
――愛ハ惜シミナク奪ウ。
その頃の私は、大作家になりたくて、大作家になるためには、たとえどのようなつらい修業でも、またどのような大きい犠牲でも、それを忍びおおせなくてはならぬと決心していた。
(はじめに、黄村先生が山椒魚に凝って大損をした話をお知らせしましょう。
どんな小説を讀ませても、はじめの二三行をはしり讀みしたばかりで、もうその小説の樂屋裏を見拔いてしまつたかのやうに、鼻で笑つて卷を閉ぢる傲岸不遜の男がゐた。
どんな小説を読ませても、はじめの二三行をはしり読みしたばかりで、もうその小説の楽屋裏を見抜いてしまったかのように、鼻で笑って巻を閉じる傲岸不遜の男がいた。
これは、いま、大日本帝国の自存自衛のため、内地から遠く離れて、お働きになっている人たちに対して、お留守の事は全く御安心下さい、という朗報にもなりはせぬかと思って、愚かな作者が、どもりながら物語るささやかな一挿話である。
なんじら断食するとき、かの偽善者のごとく悲しき面容をすな。
花吹雪という言葉と同時に、思い出すのは勿来の関である。
祝言の夜ふけ、新郎と新婦が将来のことを語り合っていたら、部屋の襖(ふすま)のそとでさらさら音がした。
幻燈當時、私には一日一日が晩年であつた。
――わが獄中吟。
大貧に、大正義、望むべからず――フランソワ・ヴィヨン第一回一つの作品を、ひどく恥ずかしく思いながらも、この世の中に生きてゆく義務として、雑誌社に送ってしまった後の、作家の苦悶に就いては、聡明な諸君にも、あまり、おわかりになっていない筈(はず)である。
序編には、女優高野幸代の女優に至る以前を記す。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。