ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 芥川竜之介 短編(30分以内)

30分以内で読める芥川竜之介の短編作品(2ページ目)

青空文庫で公開されている芥川竜之介の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編117作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
51〜100件 / 全117件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
部屋の隅に据えた姿見には、西洋風に壁を塗った、しかも日本風の畳がある、――上海特有の旅館の二階が、一部分はっきり映っている。
保吉は三十になったばかりである。
加州石川郡金沢城の城主、前田斉広は、参覲中、江戸城の本丸へ登城する毎に、必ず愛用の煙管を持って行った。
基督教国にはどこにでも、「さまよえる猶太人」の伝説が残っている。
吾妻橋の欄干によって、人が大ぜい立っている。
或声お前は俺の思惑とは全然違つた人間だつた。
広東に生れた孫逸仙等を除けば、目ぼしい支那の革命家は、――黄興、蔡鍔(さいがく)、宋教仁等はいずれも湖南に生れている。
小野の小町、几帳の陰に草紙を読んでいる。
天主初成世界随造三十六神第一鉅神云輅斉布児(中略)自謂其智与天主等天主怒而貶入地獄(中略)輅斉雖入地獄受苦而一半魂神作魔鬼遊行世間退人善念―左闢第三闢裂性中艾儒略荅許大受語―破提宇子と云う天主教を弁難した書物のある事は、知っている人も少くあるまい。
リチヤアド・バアトン(Richard Burton)の訳した「一千一夜物語」――アラビヤン・ナイツは、今日まで出てゐる英訳中で先づ一番完全に近いものであるとせられてゐる。
これは日比谷公園のベンチの下に落ちていた西洋紙に何枚かの文放古である。
雍和宮今日も亦(また)中野江漢君につれられ、午頃より雍和宮一見に出かける。
(一しょに大学を出た親しい友だちの一人に、ある夏の午後京浜電車の中で遇ったら、こんな話を聞かせられた。
光悦寺光悦寺へ行つたら、本堂の横手の松の中に小さな家が二軒立つてゐる。
発端肥後の細川家の家中に、田岡甚太夫と云う侍がいた。
……わたしはこの温泉宿にもう一月ばかり滞在しています。
「何しろこの頃は油断がならない。
わたしはすっかり疲れていた。
下に掲げるのは、最近予が本多子爵(仮名)から借覧する事を得た、故ドクトル・北畠義一郎(仮名)の遺書である。
……雨はまだ降りつづけていた。
僕は籐(とう)の長椅子にぼんやり横になっている。
古今実物語大阪の画工北※(ほくせん)の著はせる古今実物語と云ふ書あり。
上いつごろの話だか、わからない。
島々と云ふ町の宿屋へ着いたのは、午過ぎ――もう夕方に近い頃であつた。
猫彼等は田舎に住んでゐるうちに、猫を一匹飼ふことにした。
僕はふと旧友だった彼のことを思い出した。
僕は今この温泉宿に滞在しています。
元治元年十一月二十六日、京都守護の任に当つてゐた、加州家の同勢は、折からの長州征伐に加はる為、国家老の長大隅守を大将にして、大阪の安治川口から、船を出した。
近年にない暑さである。
ここに面白い本がある。
編輯者支那へ旅行するそうですね。
秀林院様(細川越中守忠興の夫人、秀林院殿華屋宗玉大姉はその法諡なり)のお果てなされ候次第のこと。
或秋の夜、僕は本郷の大学前の或古本屋を覗いて見た。
文政四年の師走である。
たね子は夫の先輩に当るある実業家の令嬢の結婚披露式の通知を貰った時、ちょうど勤め先へ出かかった夫にこう熱心に話しかけた。
秋夜火鉢に炭を継がうとしたら、炭がもう二つしかなかつた。
中村武羅夫君これは君の「随筆流行の事」に対する答である。
×芸術家は何よりも作品の完成を期せねばならぬ。
ある雪上りの午前だった。
離れで電話をかけて、皺(しわ)くちゃになったフロックの袖を気にしながら、玄関へ来ると、誰もいない。
僕は、船のサルーンのまん中に、テーブルをへだてて、妙な男と向いあっている。
大谷川馬返しをすぎて少し行くと大谷川の見える所へ出た。
清閑「乱山堆裡結茅蘆已共紅塵跡漸疎莫問野人生計事窓前流水枕前書」とは少時漢詩なるものを作らせられた時度たびお手本の役をつとめた李九齢の七絶である。
鏡自分は無暗に書物ばかり積んである書斎の中に蹲(うづくま)つて、寂しい春の松の内を甚だらしなく消光してゐた。
〔八月〕二十七日朝床の中でぐずついていたら、六時になった。
「浅草の永住町に、信行寺と云う寺がありますが、――いえ、大きな寺じゃありません。
良平はある雑誌社に校正の朱筆を握っている。
これは孝子伝吉の父の仇(あだ)を打った話である。
講堂で、罹災民慰問会の開かれる日の午後。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。