ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 芥川竜之介 短編(30分以内)

30分以内で読める芥川竜之介の短編作品(3ページ目)

青空文庫で公開されている芥川竜之介の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編117作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
101〜117件 / 全117件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
※昔々、バグダツドのマホメツト教のお寺の前に、一人の乞食が寝て居りました。
私が、遠洋航海をすませて、やつと半玉(軍艦では、候補生の事をかう云ふのです)の年期も終らうと云ふ時でした。
上それはこの宿の本陣に当る、中村と云ふ旧家の庭だつた。
夏目先生は書の幅を見ると、独り語のように「旭窓だね」と云った。
彼は若い愛蘭土人だった。
僕は重い外套にアストラカンの帽をかぶり、市ヶ谷の刑務所へ歩いて行った。
上友だち処でね、一つ承りたい事があるんだが。
鼠一等戦闘艦××の横須賀軍港へはいったのは六月にはいったばかりだった。
前置きこれは三年前支那に遊び、長江を溯(さかのぼ)った時の紀行である。
御降り今日は御降りである。
「――黄大癡といえば、大癡の秋山図をご覧になったことがありますか?」ある秋の夜、甌香閣を訪ねた王石谷は、主人の※南田(うんなんでん)と茶を啜(すす)りながら、話のついでにこんな問を発した。
千八百八十年五月何日かの日暮れ方である。
ある曇った初夏の朝、堀川保吉は悄然とプラットフォオムの石段を登って行った。
ある花曇りの朝だった。
文芸上の作品を鑑賞する為には文芸的素質がなければなりません。
竹田竹田は善き人なり。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。