ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 高村光雲 短編(5分以内)

5分以内で読める高村光雲の短編作品

青空文庫で公開されている高村光雲の作品の中で、おおよその読了目安時間が「5分以内」の短編28作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(〜2,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜28件 / 全28件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
話が少し元へ返って、私の十二の時が文久三年、十三が確か元治元年の甲子年であった。
さて、いよいよ話が決まりましたその夜、父は私に向い、今日までは親の側にいて我儘は出来ても、明日からは他人の中に出ては、そんな事は出来ぬ。
さて、楠公像は、この原型を同じ美術学校の鋳金科教授岡崎雪声氏が鋳造致して住友家へ引き渡したことでありました。
ついでながら師匠東雲師の家の跡のことをいって置きましょう。
床屋の話が出たついで故、ちょっと話しましょう。
さて、差し当っての責任として、私が主として師匠東雲師の葬送のことを取り計らわねばならぬ次第となったのであります。
されば追っかけて、また一つ外国人からの注文がありました。
私の十四歳の暮、すなわち慶応元年丑年の十二月十四日の夜の四ツ時(午後十時)浅草三軒町から出火して浅草一円を烏有に帰してしまいました。
私は結婚後暫く親の家へ帰っていた。
さて、当日になりました。
帰ったのは九ツ過ぎ(十二時過ぎ)でした。
さて、展覧会もやがて閉会に近づいた頃、旅先から若井兼三郎氏が帰って来た。
下谷西町で相変らずコツコツと自分の仕事を専念にやっている中に、妙なことで計らず少し突飛な思い附きで余計な仕事を遊び半分にしたことがあります。
木寄せのことを、ざっと話して置きましょう。
そこで、この会名の相談になったのでありますが、牙彫家の集団の会であるから、牙彫の「牙」という文字を入れるか、入れないかという間題になった。
三月十二日にお雇いを拝命すると、間もなく、岡倉幹事は私に奈良見物をして来てくれということでした。
それから、もう一つ、歳の市をやったことがあります。
今日までの話にはまだ門人の事について話が及んでおりませんから、今日はそれを話しましょう。
それから、また暫くの後、或る日私が仕事場で仕事をしていると、一人の百姓のような風体をした老人が格子戸を開けて訪ねて来ました。
師匠東雲師の家が諏訪町へ引っ越して、三、四年も経つ中に、珍しかった硝子戸のようなものも、一般ではないが流行って来る。
この時代のことで、おもしろい話がある。
その時分の私の住居は、下谷西町三番地(旧立花家の屋敷跡の一部)にありました。
さて、五体の観音は師匠の所有に帰し「まあ、よかった」と師匠とともに私は一安心しました。
明治八年は私が二十三で年季が明けて、その明年私の二十四の時、その頃神仏混淆であった従来からの習慣が区別されることになった。
当日は会の発表祝賀会を兼ねて製作展覧を催したのでありました。
ちょうど、その時分、虎の門際の辰(たつ)ノ口に工部省で建てた工部学校というものが出来ました。
かれこれ批評を聞いたり、姿形を研究したりしている間に、一月余りも経ってしまいましたので、いよいよ取り掛かることにしました。
町内に安床という床屋がありました。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。