ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 太宰治 全作品

太宰治の全作品(2ページ目)

青空文庫で公開されている太宰治の全作品273篇を、おすすめ人気順で表示しています。

51〜100件 / 全273件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
織田君は死ぬ気でいたのである。
私は遊ぶ事が何よりも好きなので、家で仕事をしていながらも、友あり遠方より来るのをいつもひそかに心待ちにしている状態で、玄関が、がらっとあくと眉をひそめ、口をゆがめて、けれども実は胸をおどらせ、書きかけの原稿用紙をさっそく取りかたづけて、その客を迎える。
思いは、ひとつ、窓前花。
以下に記すのは、かの聊斎志異の中の一篇である。
東京は、哀しい活気を呈していた、とさいしょの書き出しの一行に書きしるすというような事になるのではあるまいか、と思って東京に舞い戻って来たのに、私の眼には、何の事も無い相変らずの「東京生活」のごとくに映った。
第一回十五枚ずつで、六回だけ、私がやってみることにします。
あの日、朝から、雪が降っていたわね。
「官僚が悪い」という言葉は、所謂「清く明るくほがらかに」などという言葉と同様に、いかにも間が抜けて陳腐で、馬鹿らしくさえ感ぜられて、私には「官僚」という種属の正体はどんなものなのか、また、それが、どんな具合いに悪いのか、どうも、色あざやかには実感せられなかったのである。
これは、れいの飲食店閉鎖の命令が、未だ発せられない前のお話である。
立ちつくし、ものを思へば、ものみなの物語めき、(生田長江)あの、私は、どんな小説を書いたらいいのだろう。
序編には、女優高野幸代の女優に至る以前を記す。
「戦争が終ったら、こんどはまた急に何々主義だの、何々主義だの、あさましく騒ぎまわって、演説なんかしているけれども、私は何一つ信用できない気持です。
その八年まえに亡くなった、あの有名な洋画の大家、入江新之助氏の遺家族は皆すこし変っているようである。
むかし湖南の何とやら郡邑に、魚容という名の貧書生がいた。
私は今日まで、自作に就いて語った事が一度も無い。
はしがきもの思う葦(あし)という題名にて、日本浪曼派の機関雑誌におよそ一箇年ほどつづけて書かせてもらおうと思いたったのには、次のような理由がある。
おもてには快楽をよそい、心には悩みわずらう。
「僕はあなたを愛しています」とブールミンは言った「心から、あなたを、愛しています」マリヤ・ガヴリーロヴナは、さっと顔をあからめて、いよいよ深くうなだれた。
青森には、四年いました。
徒党は、政治である。
言えば言うほど、人は私を信じて呉れません。
「新潮」編輯者楢崎勤氏、私に命ずるに、「ちかごろ何か感想云々」を以てす。
師走上旬月日。
君にこの生活を教えよう。
(わが陋屋には、六坪ほどの庭があるのだ。
八年まえの事でありました。
私は禁酒をしようと思っている。
奥さまは、もとからお客に何かと世話を焼き、ごちそうするのが好きなほうでしたが、いいえ、でも、奥さまの場合、お客をすきというよりは、お客におびえている、とでも言いたいくらいで、玄関のベルが鳴り、まず私が取次ぎに出まして、それからお客のお名前を告げに奥さまのお部屋へまいりますと、奥さまはもう既に、鷲(わし)の羽音を聞いて飛び立つ一瞬前の小鳥のような感じの異様に緊張の顔つきをしていらして、おくれ毛を掻(か)き上げ襟もとを直し腰を浮かせて私の話を半分も聞かぬうちに立って廊下に出て小走りに走って、...
子供のころから、お洒落のようでありました。
たましいの、抜けたひとのように、足音も無く玄関から出て行きます。
唐詩選の五言絶句の中に、人生足別離の一句があり、私の或る先輩はこれを「サヨナラ」ダケガ人生ダ、と訳した。
蝶蝶老人ではなかった。
女は、やっぱり、駄目なものなのね。
大学生、三浦憲治君は、ことしの十二月に大学を卒業し、卒業と同時に故郷へ帰り、徴兵検査を受けた。
昭和のはじめ、東京の一家庭に起った異常な事件である。
仙術太郎むかし津軽の国、神梛木村に鍬形惣助という庄屋がいた。
「何か、最近の、御感想を聞かせて下さい。
ヨワン榎(えのき)は伴天連ヨワン・バッティスタ・シロオテの墓標である。
前書き「あ、鳴つた。
玉砕という題にするつもりで原稿用紙に、玉砕と書いてみたが、それはあまりに美しい言葉で、私の下手な小説の題などには、もったいない気がして来て、玉砕の文字を消し、題を散華と改めた。
「晩年」も品切になったようだし「女生徒」も同様、売り切れたようである。
私の数ある悪徳の中で、最も顕著の悪徳は、怠惰である。
第一巻ことしの夏、私はすこしからだ具合いを悪くして寝たり起きたり、そのあいだ私の読書は、ほとんど井伏さんの著書に限られていた。
父がなくなったときは、長兄は大学を出たばかりの二十五歳、次兄は二十三歳、三男は二十歳、私が十四歳でありました。
甲府は盆地である。
本紙(朝日新聞)の文芸時評で、長与先生が、私の下手な作品を例に挙げて、現代新人の通性を指摘して居られました。
私は、青森県北津軽郡というところで、生れました。
――はっきり言ってごらん。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。