ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 宮沢賢治 中編(60分以内)

60分以内で読める宮沢賢治の中編作品

青空文庫で公開されている宮沢賢治の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編14作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(12,001〜24,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜14件 / 全14件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
ゴーシュは町の活動写真館でセロを弾く係りでした。
前十七等官レオーノ・キュースト誌宮沢賢治訳述そのころわたくしは、モリーオ市の博物局に勤めて居りました。
双子の星天の川の西の岸にすぎなの胞子ほどの小さな二つの星が見えます。
今は兎(うさぎ)たちは、みんなみじかい茶色の着物です。
「ガタンコガタンコ、シュウフッフッ、さそりの赤眼が見えたころ、四時から今朝もやって来た。
一、山小屋鳥の声があんまりやかましいので一郎は眼をさましました。
〔冒頭原稿一枚?なし〕以外の物質は、みなすべて、よくこれを摂取して、脂肪若くは蛋白質となし、その体内に蓄積す。
一、濁密防止講演会〔冒頭原稿数枚なし〕イギリスの大学の試験では牛でさへ酒を呑(の)ませると目方が増すと云(い)ひます。
※旧暦の六月二十四日の晩でした。
*旧暦の六月二十四日の晩でした。
私が茨海の野原に行ったのは、火山弾の手頃な標本を採るためと、それから、あそこに野生の浜茄が生えているという噂(うわさ)を、確めるためとでした。
目次母岩手公園選挙崖下の床屋祭日〔一〕保線工手〔南風の頬に酸くして〕種山ヶ原ポランの広場巡業隊夜医院〔沃度ノニホヒフルヒ来ス〕〔みちべの苔にまどろめば〕〔二山の瓜を運びて〕〔けむりは時に丘丘の〕〔遠く琥珀のいろなして〕心相肖像暁眠旱倹〔老いては冬の孔雀守る〕老農浮世絵歯科医院...
楢ノ木大学士は宝石学の専門だ。
楢(なら)ノ木大学士は宝石学の専門だ。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。