ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 宮沢賢治 短編(10分以内)

10分以内で読める宮沢賢治の短編作品

青空文庫で公開されている宮沢賢治の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編28作品を、おすすめ人気順に表示しています。

(2,001〜4,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)
1〜28件 / 全28件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
小さな谷川の底を写した二枚の青い幻燈です。
小さな谷川の底を写した二枚の青い幻燈です。
序論……われらはいっしょにこれから何を論ずるか……おれたちはみな農民であるずゐぶん忙がしく仕事もつらいもっと明るく生き生きと生活をする道を見付けたいわれらの古い師父たちの中にはさういふ人も応々あった近代科学の実証と求道者たちの実験とわれらの直観の一致に於て論じたい世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない自我の意識は個人から集団社会宇宙と次第に進化するこの方向は古い聖者の踏みまた教へた道ではないか...
そらのてっぺんなんかつめたくてつめたくてまるでカチカチのやきをかけた鋼です。
ぼくらの方の、ざしき童子のはなしです。
四つのつめたい谷川が、カラコン山の氷河から出て、ごうごう白い泡をはいて、プハラの国にはいるのでした。
めくらぶどうと虹(にじ)宮沢賢治城(しろ)あとのおおばこの実(み)は結(むす)び、赤つめ草の花は枯(か)れて焦茶色(こげちゃいろ)になり、畑(はたけ)の粟(あわ)は刈(か)られました。
うずのしゅげを知っていますか。
太陽マジックのうたはもう青ぞらいっぱい、ひっきりなしにごうごうごうごう鳴っています。
城あとのおおばこの実は結び、赤つめ草の花は枯れて焦茶色になって、畑の粟(あわ)は刈りとられ、畑のすみから一寸顔を出した野鼠はびっくりしたように又急いで穴の中へひっこむ。
イーハトヴは一つの地名である。
そらのてっぺんなんか冷たくて冷たくてまるでカチカチの灼(や)きをかけた鋼です。
龍のチャーナタは洞のなかへさして來る上げ潮からからだをうねり出した。
霧がじめじめ降っていた。
くだものの畑の丘のいただきに、ひまはりぐらゐせいの高い、黄色なダァリヤの花が二本と、まだたけ高く、赤い大きな花をつけた一本のダァリヤの花がありました。
これが今日のおしまいだろう、と云(い)いながら斉田は青じろい薄明の流れはじめた県道に立って崖に露出した石英斑岩から一かけの標本をとって新聞紙に包んだ。
おれはその時その青黒く淀んだ室の中の堅い灰色の自分の席にそわそわ立ったり座ったりしてゐた。
うすい鼠(ねずみ)がかった光がそこらいちめんほのかにこめてゐた。
とにかく向ふは検事の立場、今の会釈は悪くない。
麻が刈られましたので、畑のへりに一列に植ゑられてゐたたうもろこしは、大へん立派に目立ってきました。
仔牛が厭(あ)きて頭をぶらぶら振ってゐましたら向ふの丘の上を通りかかった赤狐が風のやうに走って来ました。
「ああそうですか、バキチをご存じなんですか。
高橋吉郎が今朝は殊に小さくて青じろく少しけげんさうにこっちを見てゐる。
ハーシュは籠を頭に載っけて午前中町かどに立ってゐましたがどう云(い)ふわけか一つも仕事がありませんでした。
斉藤平太は、その春、楢岡の町に出て、中学校と農学校、工学校の入学試験を受けました。
林は夜の空気の底のすさまじい藻の群落だ。
午前八時五分農場の耕耘部の農夫室は、雪からの反射で白びかりがいっぱいでした。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。