ブンゴウサーチ
児童書版
TOP 夏目漱石 全作品

夏目漱石の全作品(3ページ目)

青空文庫で公開されている夏目漱石の全作品110篇を、おすすめ人気順で表示しています。

101〜110件 / 全110件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
上政府が官選文芸委員の名を発表するの日は近きにありと伝えられている。
私はこの学校は初めてで――エー来るのは初めてだけれども、御依頼を受けたのは決して初めてではありません。
中学には中学の課目があり、高等学校には高等学校の課目があって、これを修了せねば卒業の資格はないとしてある。
私は思いがけなく前から当地の教育会の御招待を受けました。
小説の種類は分け方で色々になる。
三〇五明治三十九年一月一日午前零時―五時本郷區駒込千駄木町五十七番地より廣島市猿樂町鈴木三重吉へ加計君の所へいつか手紙をやりたい。
私はこの大阪で講演をやるのは初めてであります。
今日は図らず御招きに預りまして突然参上致しました次第でありますが、私は元この学校で育った者で、私にとってはこの学校は大分縁故の深い学校であります。
一心不乱と云う事を、目に見えぬ怪力をかり、縹緲(ひょうびょう)たる背景の前に写し出そうと考えて、この趣向を得た。
演題は「創作家の態度」と云うのであります。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。