ブンゴウサーチ
児童書版
青空文庫の作品を読了時間で検索できるサービス

青空文庫の全作品(3ページ目)

青空文庫で公開されているすべての著者の全作品16,216篇を、おすすめ人気順で表示しています。

101〜150件 / 全16,216件
Tweet
作品名
著者
読了時間
人気
尾崎放哉選句集青空文庫版まえがきこのHTMLファイルには、種田山頭火と並んでいわゆる自由律俳句を代表する俳人、尾崎放哉(おざき・ほうさい。
越後の春日を経て今津へ出る道を、珍らしい旅人の一群れが歩いている。
われ、山にむかいて、目を挙ぐ。
「侏儒の言葉」の「侏儒の言葉」は必しもわたしの思想を伝えるものではない。
その家には人間と豚と犬と鶏と家鴨が住んでいたが、まったく、住む建物も各々の食物も殆(ほとん)ど変っていやしない。
上実は好奇心のゆえに、しかれども予は予が画師たるを利器として、ともかくも口実を設けつつ、予と兄弟もただならざる医学士高峰をしいて、某の日東京府下の一病院において、渠(かれ)が刀を下すべき、貴船伯爵夫人の手術をば予をして見せしむることを余儀なくしたり。
第一章わたしは阿Q(あキュー)の正伝を作ろうとしたのは一年や二年のことではなかった。
[#ページの左右中央]津軽の雪こな雪つぶ雪わた雪みづ雪かた雪ざらめ雪こほり雪(東奥年鑑より)[#改丁]序編或るとしの春、私は、生れてはじめて本州北端、津軽半島を凡そ三週間ほどかかつて一周したのであるが、それは、私の三十幾年の生涯に於いて、かなり重要な事件の一つであつた。
おかしなはがきが、ある土曜日の夕がた、一郎のうちにきました。
[#ページの左右中央]誠にまことに汝(なんじ)らに告ぐ、一粒の麦、地に落ちて死なずば、唯一つにて在りなん、もし死なば、多くの果を結ぶべし。
「武蔵野の俤(おもかげ)は今わずかに入間郡に残れり」と自分は文政年間にできた地図で見たことがある。
石炭をば早や積み果てつ。
古事記上の卷序文がついています序文過去の時代(序文の第一段)――古事記の成立の前提として、本文に記されている過去のことについて、まずわれわれが、傳えごとによつて過去のことを知ることを述べ、續いて歴代の天皇がこれによつて徳教を正したことを述べる。
浮雲はしがき薔薇(ばら)の花は頭に咲て活人は絵となる世の中独り文章而已(のみ)は黴(かび)の生えた陳奮翰の四角張りたるに頬返しを附けかね又は舌足らずの物言を学びて口に涎(よだれ)を流すは拙しこれはどうでも言文一途の事だと思立ては矢も楯(たて)もなく文明の風改良の熱一度に寄せ来るどさくさ紛れお先真闇三宝荒神さまと春のや先生を頼み奉り欠硯に朧(おぼろ)の月の雫(しずく)を受けて墨摺流す空のきおい夕立の雨の一しきりさらさらさっと書流せばアラ無情始末にゆかぬ浮雲めが艶しき月...
人魚は、南の方の海にばかり棲んでいるのではありません。
「参謀本部編纂の地図をまた繰開いて見るでもなかろう、と思ったけれども、余りの道じゃから、手を触るさえ暑くるしい、旅の法衣の袖をかかげて、表紙を附けた折本になってるのを引張り出した。
むかし、むかし、あるところに、ちいちゃいかわいい女の子がありました。
かくれんぼで、倉の隅にもぐりこんだ東一君がランプを持って出て来た。
なめとこ山の熊のことならおもしろい。
[#ページの左右中央]在りし日の歌[#改ページ]含羞――在りし日の歌――なにゆゑにこゝろかくは羞ぢらふ秋風白き日の山かげなりき椎の枯葉の落窪に幹々はいやにおとなび彳(た)ちゐたり枝々の拱(く)みあはすあたりかなしげの空は死児等の亡霊にみちまばたきぬをりしもかなた野のうへはあすとらかんのあはひ縫ふ古代の象の夢なりき...
雪渡りその一(小狐の紺三郎)雪がすっかり凍って大理石よりも堅くなり、空も冷たい滑らかな青い石の板で出来ているらしいのです。
撰(えら)ばれてあることの恍惚(こうこつ)と不安と二つわれにありヴェルレエヌ死のうと思っていた。
桜が散って、このように葉桜のころになれば、私は、きっと思い出します。
私に親しいある老科学者がある日私に次のようなことを語って聞かせた。
こゝろなきうたのしらべはひとふさのぶだうのごとしなさけあるてにもつまれてあたゝかきさけとなるらむぶだうだなふかくかゝれるむらさきのそれにあらねどこゝろあるひとのなさけにかげにおくふさのみつよつそはうたのわかきゆゑなりあぢはひもいろもあさくておほかたはかみてすつべきうたゝねのゆめのそらごと秋の思秋秋は来ぬ秋は来ぬ一葉は花は露ありて...
前十七等官レオーノ・キュースト誌宮沢賢治訳述そのころわたくしは、モリーオ市の博物局に勤めて居りました。
紫のかがやく花と日の光思ひあはざることわりもなし(晶子)どの天皇様の御代であったか、女御とか更衣とかいわれる後宮がおおぜいいた中に、最上の貴族出身ではないが深い御愛寵を得ている人があった。
むかし、むかし、ある家のお倉の中に、お米を持って、麦を持って、粟(あわ)を持って、豆を持って、たいそうゆたかに暮らしているお金持ちのねずみが住んでおりました。
作者の言葉この小説は、「健康道場」と称する或(あ)る療養所で病いと闘っている二十歳の男の子から、その親友に宛てた手紙の形式になっている。
或(ある)春の日暮です。
○春琴、ほんとうの名は鵙屋琴、大阪道修町の薬種商の生れで歿年は明治十九年十月十四日、墓は市内下寺町の浄土宗の某寺にある。
レエン・コオト僕は或知り人の結婚披露式につらなる為に鞄(かばん)を一つ下げたまま、東海道の或停車場へその奥の避暑地から自動車を飛ばした。
[#横組みで、ページの上部、左右中央に]La pens※e doit remplir toute l'existence.MAINE DE BIRAN, Journal intime.[#改ページ、ページの左右中央に]この書は雑誌『思想』第九十二号および第九十三号(昭和五年一月号および二月号)所載の論文に修補を加えたものである。
序論……われらはいっしょにこれから何を論ずるか……おれたちはみな農民であるずゐぶん忙がしく仕事もつらいもっと明るく生き生きと生活をする道を見付けたいわれらの古い師父たちの中にはさういふ人も応々あった近代科学の実証と求道者たちの実験とわれらの直観の一致に於て論じたい世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない自我の意識は個人から集団社会宇宙と次第に進化するこの方向は古い聖者の踏みまた教へた道ではないか...
[#ページの左右中央]この書の体裁は悉く藤島武二先生の意匠に成れり表紙画みだれ髪の輪郭は恋愛の矢のハートを射たるにて矢の根より吹き出でたる花は詩を意味せるなり[#改ページ]臙脂紫夜の帳にささめき尽きし星の今を下界の人の鬢のほつれよ歌にきけな誰れ野の花に紅き否むおもむきあるかな春罪もつ子髪五尺ときなば水にやはらかき少女ごころは秘めて放たじ血ぞもゆるかさむひと夜の夢のやど春を行く人神...
死について近頃私は死といふものをそんなに恐しく思はなくなつた。
[#ページの左右中央]サイレーンがどんな歌を歌ったか、またアキリースが女たちの間に身を隠したときどんな名を名のったかは、難問ではあるが、みなみな推量しかねることではない。
誰か慌ただしく門前を馳(か)けて行く足音がした時、代助の頭の中には、大きな俎下駄が空から、ぶら下っていた。
文字の霊などというものが、一体、あるものか、どうか。
むかしある国の田舎にお金持の百姓が住んでいました。
漢の武帝の天漢二年秋九月、騎都尉・李陵は歩卒五千を率い、辺塞遮虜※(へんさいしゃりょしょう)を発して北へ向かった。
宗助は先刻から縁側へ坐蒲団を持ち出して、日当りの好さそうな所へ気楽に胡坐(あぐら)をかいて見たが、やがて手に持っている雑誌を放り出すと共に、ごろりと横になった。
軽便鉄道の停車場のちかくに、猫の第六事務所がありました。
お前たちが大きくなって、一人前の人間に育ち上った時、――その時までお前たちのパパは生きているかいないか、それは分らない事だが――父の書き残したものを繰拡げて見る機会があるだろうと思う。
山手線の朝の七時二十分の上り汽車が、代々木の電車停留場の崖下を地響きさせて通るころ、千駄谷の田畝をてくてくと歩いていく男がある。
ある古い家の、まっくらな天井裏に、「ツェ」という名まえのねずみがすんでいました。
私は、友が無くては、耐へられぬのです。
蟹(かに)の握り飯を奪った猿はとうとう蟹に仇(かたき)を取られた。
※私の情緒は、激情といふ範疇に屬しない。
壱古い話である。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。